こんにちは。毎日の生活を書きたいように書いてます♪<ロゴby.chatonさん>


by bunba2002

ヤマハ音楽教室の説明会

午前中、総合センターで、娘の通っているヤマハ音楽教室の
幼児科の「お母さんのための」説明会がありました。

とっても有名な先生がいらして講演されて、すごく有意義な時間でした。
が、2時間半、びっちりの講義。そして、その間、なんと息子は託児室に!!
今まで、私から離れたことはほとんどなく、離れるといっても、パパとおねえちゃんと
お留守番したくらい。ものすごく不安でしたが、講義を終えて託児室に
行ってみると、「おりこうでしたよー」との声。テレビの横にぽつんと座って
お菓子を食べていました。他の子は、寝ている子が二人、抱っこされてる子が
二人くらいかな?残りは、すごく泣いちゃって、講義室のママのところへ。
とってもがんばった息子(親ばかですが)。でも、お菓子のおかげかな(笑)。
車に乗ったら「ママ、ない(ママ、いない)」と言ったりしたので、涙が出そうでした。

講義の内容は、2本柱。「家でのレッスン、特に母親の役割が大事」ということ。
「エレクトーンかピアノを購入しなさい」ということ。
前者は、とっても共感できる内容。心を育てるためには、絵本が大事、誉めることが
大事、演技が大事。これは私の両親もずっと言ってたことですが
子育てする人は「役者」にならなくてはいけないそうです。
オーバーに子供を誉めたり、叱るときもきちんと叱る。
親の価値観がすべて子供に吸収されるので(特に、娘たちの年代は・・)
100%、一生懸命向き合って子育てしなさい、とのことでした。
講師の方は、50歳になられて、二人の大学生のお子さんがいらっしゃるかた。
彼女は、「子供のために、したほうがいいと思うことは、すべてやった」と
すがすがしい顔でお話されていました。子育てをするあと約20年弱、楽しく
一生懸命ポジティブに過ごすと、残りの人生もとっても充実する、と。
確かに、子供がこんなにも私のことを必要として、100%で向き合ってくるのって
この数年だけかもしれないです。私も、100%向き合って、大事に今の時間を
過ごそうと思いました。子供たちが巣立ったあと、彼女のように輝いた人生を
過ごせるといいなあ。素敵に歳を取るのは、やっぱり一生懸命何かをがんばった人。
ずっと昔から、私は、「子供のために、母として」生きていきたいと、夢見てました。
専業主婦の道を選んだのもそのためです(私のまわりでは専業主婦を選ぶお友達は
ものすごく少なかったです)。いろんなことを思い出して、原点に戻れた時間でした。
(働いてるママ、もちろんすごいと思います!私には絶対無理そうです・・)。

で、後者の、楽器のほう。ピアノなら、30万程度のものではダメだそう(笑)。
その上の中級者用か、グランドピアノにしなさい、とのこと。
エレクトーンなら、20万のものを買えば、小学校2年生まで使えます、だって(笑)。
そのあと、66万のスタンダードモデルへの買い替えが必要。
キーボードは絶対にダメで、電子ピアノでも、成長しません、とおっしゃってました。
でも、なんだかちょっと音大レベルの話・・・?
我が家では、音大には(万が一実力があっても)やれないので、聞き流して帰って
きました♪
[PR]
by bunba2002 | 2007-06-01 22:33 | こども